読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンドン・ヴィンテージ・ブリュットが割引不要の納得価格~!

おしゃれなラベル!シャンパンかと思うような美味しさ。栓は王冠ですので、ビールのように栓抜きで「シュポン!」と開けることになります(笑)。CHANDONはヴィンテージ、白・ロゼに限らずリピートしています。

イマが買い時!

2017年01月14日 ランキング上位商品↑

シャンドン・ヴィンテージ・ブリュットシャンドン・ヴィンテージ・ブリュット[2012](泡・白)[Y][A][P][J]

詳しくはこちら
 b y 楽 天

モエより私には合ってるようです。日経のクリスマスにお勧めの10本にあげられていて購入を決めましたが!これはとっても美味しかったです。クラウン・キャップは気軽でいいけど、おもたせならNVかな。お国柄の違いなのでしょうか。シャンドンのNVは何回か飲んだことがありましたが、ヴィンテージは初めてでした。NVよりもコクがあってすごくいいです。普通に美味しいですリピートします!ビンテージは今いち関係無いかも素直でくせのない、dry過ぎず甘すぎず、いいワインです。シャンパンだよって言われたら!私は恐らくわからないと思います。最近飲んだフランスの数千円のシャンパンより好きになりました。クリーミーな泡立ちが嬉しいです。重視すべきはCHANDONの製造管理の良さ。大変 コスパの高い商品です 皆で集まって飲み会すると 飲みやすいため ついつい 飲みすぎて ボーリングのピンのように空き瓶が並んでました おすすめですよ年末年始の家飲み用に購入しました。キャップが王冠ですが、品質上はこちらのほうがワインの劣化なども少ないそうですので、そういう意味では失敗のない1本だと言えると思います。コストパフォーマンスの高いスパークリングワインです。いわばデイリー・スパークリングの決定版です。今後はシャンドンを買う場合はこちらのヴィンデージにします。CHANDONスパークリングの企画・開発に携わったフランスの友人の言によると「コルク栓」にこだわるのはアジアだけだそうで・・味よりもイベント性を求めているのでは?と。デメリットは!セレモニー性が無いことでしょうか。cost perfomanceで選択肢として推薦します。モエシャンドンより気軽に飲めて、口当たりはこちらの方が私は好みです。シャンパンには負けるけど近いものはあります。。以前より、興味のあった、シャンドン社のシャンペンを飲むことが出来て、感激です。オーストラリアのCHANDON同様、安価なスパークリングの代表としてCAVAがありますが、CAVAの平行輸入モノは20本に対し1〜2本は(悲しいかな)製造・管理の甘さにより飲めなくなってしまったボトルが必ずといってイイほどあります。モエのイメージで飲みましたが、モエより厚みのある味わいでした。好みで分かれる範疇ですね。。美味しかったのでリピートしました!!NVよりもコクがあって私は好きです。値段もお手頃ですし!シャンパンと味の差はないと思います。すっきりとして飲みやすかったです。そのメリットは品質管理がより良く出来ること。デパートの試飲コーナーで見つけてからお気に入りです。味は、生産者が同系列のため、スタンダードな「モエ・エ・シャンドン」といわれて出されても分からないと思います。でもNVの「シャンドン・ブリュット」と比較してみればその美味しさの比較は微妙。味は、ちょっと辛口ですが、香りも良く、おいしかったです。雑味が感じられず!悪酔いしづらいようにも思います。「シャンドン・ヴィンテージ・ブリュット2007」は個性もあり美味しいです。個人的な意見ですが、私としてはヴィンテージのほうが、よりドライな感じがします。2本購入したので、もう一本は、ワイン好きの従姉にプレゼントして、喜んでもらえました。クラウン栓は!欧米(特にアメリカ)では!かなり高価なワインでも普通に使われています。辛口でしたが!とても飲みやすかったです。